SKY~ナツユのPFCSブログ~

なんちゅのPFCS用のブログです。かなりフリーダムです。

【腐向け注意】オレンジピール

ぼくからぼくへの贈り物

まだ寒いのに、この国ではもうサクラと呼ばれる花が咲いていた。バレンタインと呼ばれる習慣が近い。そんな中、ぼくはチョコレート屋にてチョコレートを頼んでいた。
チョコレート屋はバレンタインが近づいている事で、人混みに満ちている。
「ねえ、オレンジピールがたっぷり入ったチョコはあるかい?」
ぼくはいつもは市販の甘ったるいチョコレートが好きで、普段はこのような店で……ましては大人向けのチョコレートなんか頼まない。けど『彼』のために送ることにした。
「誰かに贈り物ですか? ルーカス様」
「ああ、ぼくの婚約者に送るんだ」
──ぼくは結婚しているものの、ぼくの婚約者など誰も知らない。
それもそのはず、公表してないし公表するわけにもいかなかった。いや、公表したらぼくの終わりだろう。だって──
「ならメッセージカードに名前を書きましょうか?」
「いやいやいいんだ。ぼくが手書きで送るからね」
相手は連続殺人鬼であり『ぼく』だからだ。

『おい、珍しいじゃねぇかルーカス。なんでそんなモン買ってんだよ』
帰る道の途中、脳内で会話が始まる。ぼくと彼の唯一の会話方法。
「だってあと数日でバレンタインデーだもん」
『ば……?』
彼……ジルはバレンタインデーを知らなかった。
「何処かの国から伝わってきた習慣らしくて、好きな人にチョコやクッキーとかを送る日らしいよ」
『へぇ……』
腕だけ、彼の意思で動かされる。ぼくは彼と丸々人格を交代することもできるし、一部だけ相手の意思で動かすこともできる。
ガサゴソとぼくの持っていた紙袋を漁り、ジルは乱暴に中身を取り出した。
『ん……オレンジピール
「うん、きみの好きな」
ジルが目覚めた後、差し入れで出されて食べたことがあるオレンジピールのチョコレート。ぼくは気に入らなかったが、ジルは──本来の身体はそれを気に入ったようだ。
『……お前、食えねえだろ、これ』
「きみのために買ったんだよ」
そういうと、腕の主導権がふらりとぼくに帰ってきた。

『さ、食べて』
「……」
身体をジルに渡す。目の前には、オレンジピール入りのチョコレートの箱。
「ルーカス……これ、気に入らねえんだろ……俺、嫌な顔するお前を見たくねぇからよ……」
『ぼくに気を使わなくてもいいじゃないか!』
ぼくはジルを愛している。だから、ぼくは我慢ができた。

思えばぼくとジルが恋に落ちたのは、数ヶ月前だった。
「ジル?」
眠れず、心臓の鼓動が早い身体。原因は、ジルにある。ぼくはなぜかそう思った。
『ッ ルーカス なんで、だよ』
「……?」
『なんでお前、そんな、俺に優しくすんだよ……。』
心臓が高鳴った。この身体は一心同体。ジルの精神からくる体調の変化は、すぐにぼくにも現れる。
『苦しい…… なんだこれ…… お前のことを思っちまっただけでよ……これだよ……』
「ジ、ジル……?落ち着いて……?」
ジルのこの言葉と、今の体調。察することは簡単だった。
「たぶんだけど、……あー、その、すっごい言いづらいけど……きみは……ぼくに恋してるんだよ」
『 ……恋……?まさか……俺がただ優しくされつづけた男に、ましてや俺に、恋するって思うか?』
「どこかの小説で読んだよ、水面の自分に恋した男の話」
『……だとしても、だ。俺は、ゲイじゃねぇ』
「そんなこと言ったらぼくもだよ。でも……きみは『ぼく』に恋したんだ」
『……。』
ぼくはやさしく抱きしめたかったが、できなかった。この身体は、ぼくとジル、二人のものだったからだ。
それが、ぼくとジルの、恋の始まりだった。

「あールーカス……どうせなら……お前が食って、俺に味わせてくれ」
『え、うん。いいよ』
ぼくとジルの魂の主導権が入れ替わる。ぼくはチョコレートの箱を開け、ぱく、と一口食べた。
ああ、やっぱぼく、この味はちょっと苦手だな。でも、ジルは喜んでいた。
苦手な味なのに大好物。そんな矛盾を抱えてぼくは、チョコレートを食べた。

ココア入りクッキー

この国の今頃はバレンタインデーと呼ばれる行事が広まっており、好きな人にチョコレートを贈る日、友達にクッキーなど菓子を贈る日、となっていた。

ダンテはウキウキとしながらピンク色でフリルがついたエプロン、可愛い柄付きの三角巾を見につけ、そして手にはおしゃれな木ベラを持ちながら何かを作っているようだった。
小麦粉、砂糖、卵、バター、そしてアンティノメル産のココアパウダーを冷蔵庫から一気に取り出し、手が持ち物でいっぱいになる。
「喜んでくれるかしら……?」
ダンテがここまで心を許しているということは、ある意味異常である。彼はずっと、心を閉ざして過ごしてきたからだ。
決められた未来、どうせ友を作っても無駄だろうと思っていたダンテに、一筋の光をもたらした者がいた。去年の春の始めあたりだっただろうかとダンテは思い出し、ボウルをはかりの上に乗せ、小麦粉を入れ始めた。

自然と記憶が抜け落ちていくダンテの記憶障害は深刻だった。これは『本』の影響によるものであり、ダンテも自覚していることだったが、運命には抗えない。
去年ダンテの心を開いた相手の事も忘れかけることがあった。なんとかダンテは記憶を紡ぎ止めているだけにすぎない。
幼少期の記憶、三百年間の間何があったか、時には自分のことまで忘れてしまう。
それでもダンテは今を生きるしかなかった。決められた死のその時まで、精一杯生きると決めた。ここまで彼が変われたのは、ここ数ヶ月のさまざまな出会いのためだろう。
そして、記憶が抜け落ちてでも忘れたくない人の為、クッキーを作っていく。
「(アタシの加護で火加減ブーストできないかしら?)」
そう思いついたダンテは、炎の加護を使い、かまどの火加減をうまく調整しながら、焦げないようにクッキーを焼き上げていく。

「さーてと……完成ね!」
ココアの良い匂いが部屋を満たす。焼き上げたクッキーを透明な袋に詰めていく。
これは彼にとってとっておきの相手へ贈るクッキーだ。
「宛先、間違いなし!うん、最高よ!」
ダンテがどうしてもこのココアクッキーを送りたかった「心を許した相手」というのは、ドレスタニア国王ショコラの事だ。
──ダンテはこの日の出来事を、忘れないように日記に記録した。

美味しい紅茶とともに

エーリヒ×マコト

世の中はバレンタインデーっていう、好きな異性にチョコを贈る日らしいね。
この国では好きな人なら、異性や同性、異種関係なしにチョコを贈る日にアレンジされているみたい。
僕はエーリヒさんのために、生チョコと呼ばれるチョコレートを作っていた。市販の板チョコレートを湯せんで溶かし、生クリームを投入する。それにお酒を投入して、タッパーに先ほどのものを流し込んだら冷蔵庫で冷やす。3時間ほど冷やし、固まったら、包丁で四角にカットする。
これで、できあがりだ。
「エーリヒさん、喜んでくれるかなぁ……」
今年は呪詛や加護がついたチョコレートが流行っているとラジオで流れた。まあ、作られた流行りだろうけど悪くないなぁ、それぞれ個性が思いっきり出ると思う。
中には変な呪詛をかける人もいるだろうけど……愛ゆえ、なのかな。
ま、僕の加護は『水』だから、チョコレートには活かせない。
「飲み物どうしよう……」
エーリヒさんに出す飲み物について悩んでいたところ、僕はあることを思いついた。

「ただいま、マコト。ん、いい匂いだね」
「おかえり!今日はなんの日か、知ってる?」
僕はラッピングされた袋と紅茶を持ち、エーリヒさんを待っていた。
「あ……これ……」
エーリヒさんはこの紅茶の香りに複雑な思いを抱いているようだった。
そうだったね、この紅茶は、僕とエーリヒさんが会った時、エーリヒさんがギャングの時に出していた紅茶だったね。
「紅茶、変えるかい?」
「いや、いいんだ……これは私の思い出の味だ。
苦い思い出、きみとの思い出、全て詰まっているよ」
水の加護を使って、綺麗に浄化したお水。僕の水の加護はどっちかというと浄化向きだ。これで、美味しい紅茶を作るんだ。
紅茶を受け取り、それを飲むエーリヒさん。美味しそうに飲むなぁ……ぼーっとしながらそう思った後、思い出した。そうだ、チョコ、作ってたんだった。
「え、エーリヒさん!ハッピーバレンタインデー!」
「おや……!まさか私に用意していたのか!?」
顔がぱっと輝くエーリヒさん。僕はエーリヒさんに、タッパーに入ったチョコレートを見せて、一緒に食べることにした。
「ありがとうマコト!私、君の作ったチョコレートを食べれるなんてね」
その後、僕の作ったチョコを袋から出して喜んで食べたものの、1時間後、エーリヒさんは酔いつぶれて気絶してしまった。エーリヒさん……僕、あなたがお酒にとても弱いの、忘れちゃってたね。ごめんね!

兄弟愛

夕暮れ時。俺は夕飯に兄さんの好物であるチーズオムレツを用意して待っていた。

そしてガチャ、とドアの音がなって、俺は玄関に向かう。
「よーぅ、ただいまぁ……」
「にっ兄さん!?」
帰ってきた兄さんは、全身ボロボロだった。砂ほこりや土、転んだ傷などが身体中にある。いつもテキトーな手入れの髪の毛は輝きを失っていた。兄さんは笑顔で身体の埃を落としたりして平気なふりをしながら咳き込む。殴り合ったりしたんだろう。口と服の襟に深緑色が付いていた。
──兄さんの血液だろう。
「珍しく肉弾戦よぉ」
「ど、どうして……」
「ちょいとギャングの間で大喧嘩。気にしないほうがいいぜ」
そんなこと言うなよ、と兄さんから無理やり詳しく話を聞いたところ、ギャング活動の報酬についてで大きく揉めたらしい。麻薬密輸という大仕事をしたというのにこの金額はおかしい、ということで、リーダーを殴ろうとしたところを、兄さんがNo.2という事で代わりに殴られにいったという。
「そんなの、俺に頼めばいいし、幻覚使えば良かったじゃん!俺……兄さんがそんなことでボロボロになってほしくない」
「……俺の気持ちも素直に受け取れよなぁ〜〜。」
「?」
『俺の気持ち』。そういえば、兄さんの事を考えたことがない。兄さんの気持ちって、なんだ?
俺は部屋に帰って行く兄さんを、ただ見つめていた。

「兄さん」
翌朝。いつもより髪の毛がぼっさぼさの状態で兄さんが部屋から出て来た。兄さんお気に入りのヘアワックスの匂いもしない。いつもならただのセットのサボりと取るが、今回ばかりは昨日の出来事による体力低下だと悟った。
「いよーう。クレイン。ねむいねぇ」
俺は、昨日兄さんが言ったことを、聞くとにした。
「兄さんの気持ちって、なんだ?」
「おぅ?」
おはよう、と声をかけられると思ったのだろう。少し瞳が動いたように見える。
兄さんはテーブルに座り、昨日の、ラップがされた冷めたチーズオムレツのラップを取って、スプーンで口に運んでいった。
「俺の気持ち、ねぇえ……」
そして食べ終わり、ふにゃりと笑ったと思ったら、すっ、と真剣な表情になり俺に向かい喋り出した。

「いいかクレイン。俺はお前への兄弟愛がすげぇからお前守りたいの。
お前が産まれた時、俺すげー喜んだから。すげー可愛かったから、お前さん。
ふにふにほっぺ、ミルクの匂い。反抗期だろ、生意気に育ちやがって。それが可愛いんだよ。」
いつもの軽々しい喋りからは遠い、真剣な喋り方。いつもの輝いた深緑の瞳が、照明の光でより一層輝いて見える。
「んでお前さん、メターだからっつー理由でいじめられてやんの。俺、それが許せなかったのよね。
だって俺も精霊のハーフだもん。精霊ってだけで穢れた血だっていじめられるもん。
ましては俺、アルビダの血もあるもん。精霊で緑の血だ、っていじめられんのよね。
──だから、いじめられるお前さんの思いが、分かるんだよなぁ」
最後にへらへらと笑った兄さん。だがしかし、その笑いの奥に真剣な想いが隠れているのを、俺は見逃さなかった。
そして再び真剣な顔に戻り、テーブルの上に兄さんは指を組んだ。
「俺の気持ちはなぁ、クレイン、お前が可愛い一筋なのよね。
俺の方が才能ねぇからNo.2だけどよ、弟が可愛すぎて例え俺に才能があってもお前さんの方にリーダー譲るよぉ。
愛ってやつ。兄弟愛。」
「兄さん……そんなに俺のことを」
「おうよ、俺がお前を見捨てた事あったぁ?」
ない、と俺が言うと、笑顔で兄さんは俺の頭を何度かぽんぽんとした。
「じゃ、そゆこと。歯磨きいってきまーす。」
「……。」
オムレツが入ってた食器をシンクに運ぶ。
兄さんの「クレインが可愛い」という気持ちはまだ理解できない。しかし、俺をここまで愛しているとは思ってもいなくて。
「(今日の昼飯なんにしよう……)」
俺の中で、兄さんがますます「兄さん」として輝いていった。

【腐向け注意】ちょっとした馴れ初め

文庫ページメーカーさんを使わせていただきました。雰囲気でるね!

ユアンxガンロックの馴れ初め。そこ!顔だけとか言わない!えもさだしたかったの!

 

f:id:poke-monn:20180217211633p:image

f:id:poke-monn:20180217211634p:image

f:id:poke-monn:20180217211637p:image

イストワール編ラスト。

ここは迷いの森。
と書かれている看板の裏地から、二つのグループは森に入ることになる────


ギャンググループ


「迷ったぜよーーーーーー!!!!!!」
「うるさいです、ディメント」
見事にギャング+αの三人は迷っていた。
「はぁ、参ったなぁ。この僕までもが知らない場所があるなんてなぁ」
モルドレッドも知らない迷いの森。この森に入って出れたと言う話はまず聞かない。その理由はそもそもこの森から出たことがある人がいない上に、入ったことがある人がいないからである。
「ところでこの森、メガネに非常によく葉っぱがつくのですが」
「知らんき!そなが事より出口探さんとにゃあ!」
笑顔いっぱいで答えるディメントだが、その様子のディメントにスライルは軽く怒っていた。
「ん?あっちにいるのは──」
モルドレッドが指差した方向に、四人、人物がいた。
楽しそうにしゃべっているようだが……
敵でなければ良い情報が手に入るかもしれない、と三人は話し合い、四人の前に姿を表すことにした。


キッド組

「迷った。」
「おい王の右腕。」
ヴァンツが冷静に状況を整理している中、クランはひたすら森の木を呪詛(クランの呪詛は風を操る呪詛)を使いカマイタチで傷つけ印をつけていた。
「王、霧の呪詛の妖怪、護衛頼んでる。いつもは呪詛、発動してない。
緊急?」
キッドが腕を組み考えている中、クランはまた前と同じマークが刻まれた木を見つけた。
「えーっと、さっきこの場所もきましたよね……」
「ああ、たしかに」
完璧に迷っている中、音を立てて過ぎ去っていく人影が見えた。
「あっ!人!?」
「おっ、人!」
三人は互いに目を合わせ、頷き、その人影を追うことにした。

「迷いましたね……」
木の葉を踏む音を立てながら歩くトキキリ。
周りの霧が濃ゆくうまく周りが見えないようだ。
「はぁ。カイツチにいい土産をと思い森の中に来たのが間違いでしたね……
このまま帰れないのでしょうか……」
トキキリがため息をつき丸太に座る。そこに、森のどこかから足音が聞こえた。
「おや?」
そこに現れたのは、キッド一向。
「人だ!」
「良かった、人が居たのですね」
トキキリはここに人が、と軽く驚いた。
「お前は?オレ達迷った。」
「私はトキキリと言います。パッチングの医者ですね」
トキキリとキッド一行は迷ったことやキッドが王の右手である事、クランがアンティノメルの警察であることなどで話が弾んだ。
そこに、急に彼らが来るまでは。

「人ーー!!」
「あっこら!ディメント!」
「えっ」
「えっ」


合流

「ディメント……ギャング五本指の一員だよ!それに、五本指のひとりスライルもいる!」
クランの指摘と同時にヴァンツとキッドが剣を構える。
「おまんら……警察と王の右手とパッチングの右手に……誰じゃ?」
ディメントが顔を傾ける。
「私ですか?私はトキキリ。パッチングの医者ですよ」
「後ろのサターニア、誰だ?」
キッドが黒髪のサターニアを指差す。
「僕?僕はモルドレッドさ!ただの恋するサターニア。
何?戦う?」
モルドレッドが肩に乗せていた斧を大きな音を立てながら振り回す。
それに応じ、他の皆も武器を用意した。
「やれやれ、私はあまり戦いたくないのですがね……」
トキキリもポケットに隠していたメスを用意し、戦う事とした。


その他組

「名無しの権兵衛さん、大丈夫ですか?」
「アタシ……ただギャングが侵入したという事を聞いてやって来たのに……何だったかしら、いろいろ思い出せないわ」
ダンテが頭を抱えていると、影からライラがゴソリと現れた。
「ダンテさん!」
「ダンテ……?」
レイドが眉をひそめる顔の動きをする。
「ダンテって……ライラちゃん!離れて!
彼はギャングの……ボスだ」
「……!」
ダンテはどこかへと走って逃げる。ライラがその様子を見て、追いかけた。
「ライラちゃん!戻ってきて!」
「やだね!ダンテさんは良い人だからさ!」
レイドが止める暇もなく、ライラはダンテを追いかけていった。


「ダンテさん……」
誰もいない、立ち入り禁止の近所の海に逃げ込んだダンテと、それを追いかけてきたライラ。
「ギャングってほんとか……?」
「…………」
何も言わずに眼を泳がせるダンテ。その瞳は悲しそうに見える。
「でもオレ、話したとこお前が悪い奴には見えないんだ!
ダンテさん、オレは……どうすりゃいいんだろうか」
「アタシはアナタに悪い事はしないわよ」
ライラの頭を撫でるダンテ、裏ではめくれ落ちる記憶の恐怖に耐えていた。
「アタシ、アナタと話したのは短い間だけどね、なんかわかるの。坊やは良い子。
アタシは船に乗るわよ。また会いましょ
次にはお話いっぱい聞かせてね?アナタ、アタシの二人目の友達になれそう」
ダンテはそういうと走ってどこかへと去っていった。
「あ……ダンテさん……
おーーい!オレは女だぞーー!!」

 

視点は戻り


「ぜょ……ぜょ……」
「疲れたねー。僕帰っていい?」
「駄目です。」
「はぁ……疲れましたね……」
「疲れた……」
「もうやだー……」
「俺疲れた。帰りたい。」
七人は戦いにより疲れ果てていた。
へとへとになるまで戦い続けた故に、ギャングは逃げる気力を、警察は逮捕する気力を完全に失っていた。
「スカウトできんかったし、ワシゃ帰るき」
「ですね」
ずかずかと帰っていくギャング。モルドレッドもまた会おう!と去っていった。
「そういえば霧の呪詛は……?」
「あー……今夜。たぶん寝て、出られる。」
鈴虫が鳴く。キッド一行も帰ることとした。
「捕まえられなかったなぁ」
「仕方がない、帰るぞ。」
残念そうなクラン、しかしここまで体力を消耗したら仕方がないだろう。と、なだめるのであった。


「ありがとうございます、トキキリさん、キッドさん、ヴァンツさん」
「いやいや。また会おうな」
「おう」
「ええ。」
互いに帰りの船に乗る。そしてクランはルーカス様に仕方ないねぇとなだめられ、ヴァンツはちょっぴり怒られたという。


イストワール編〜(急ぎ足ながらも)完〜

次回未定!いやこうでもしないとエターナるので無理な完結方法にうわなにをするやめ

本編のこれまでを振り返る

これまでの本編を振り返る記事です。

ちなみにめっちゃ脚色してる。


──これは感情を取り戻す物語──


──antinormal──アンティノメル──

代表ルーカス=マーティン(鬼、33歳)により設立された「警察」を中心に、犯罪集団「ギャング」と戦う国。
警察見習いは「ヒーロー」と呼ばれている。

──GANG──ギャング──

正体が掴めない精霊『ダンテ』が支配する組織。
リーダーは妖怪と精霊のハーフ『クレイン=スミス』。
様々な種族が様々な理由でギャングに入ることが多い。

──大まかな物語──

ダンテはある少年が4歳の時、誘拐し、暗い部屋に閉じ込め命令をし続けた。
少年は自ら心を封じ込めその苦痛に耐えようとした。
少年は助けられたものの、心を失ってしまったのだ。

少年はソラといった。

ソラはその後ヒーローとなったものの、心を失ったままだった。
このままずっと心を失ったものだと誰しもが思った。
しかしソラはある妖怪と出会い、恋に落ちる。心を取り戻そうとしていた──

ダンテは未来が見える「本」を手に入れた精霊。
「本」のせいでソラに倒される運命を知ってしまい、それを変えようと必死に生きる。
しかしダンテはソラに恋をしてしまう。
そして本を手に入れた代償に記憶がだんだん抜け落ちていくという記憶障害に陥ってしまう。

正義とは、悪とは。
愛とは。

 

──今までの本編の流れ──

──13年前──

連続殺人鬼ジルはある日ギャングの青年に刺され殺されかけてしまう。
その後、ジルは友人に助けを求める。
もはやジルは友人の知るジルではなかった。
ジルは死にかけたショックで、人格が、分裂していたからだ。
後にジルはルーカスと名をもらい、警察を長い活動の末立ちあげる。


──カマイタチ──

1人の青年が、クレインの家近くまでに逃げ込んだ。
青年はクレインと同じくハーフであり、クレインはそれを見て同情する。
クレインの兄と、風呪詛の青年が協力し合い、敵を撃退。
その後青年は警察となった。

──結婚──

ソラは言えない隠し事があった。
同性に、恋をしたからだ。
しかも、相手は異種──妖怪。
ずっと、想いを言えないでいた。
妖怪も、想いを言えないでいた。

しかし、ひな祭りの命令により、ソラと妖怪の青年は結ばれる。
そして、感情を失った少年ソラの心が、少しずつ解けていく──


──やみ──

ソラの兄テンクウは、ある日イストワールの調査にて幽閉され続けた青年を見つける。
青年を保護するものの、青年は爆発的な危険性を秘めていた。
青年は警察内で保護され続ける事となった。
その青年は、強烈な闇の加護の青年だった。


──捨て子──

ソラの結婚相手、シュンは雨の中捨て子を拾った。
ソラに似ていて、種族はシュンと同じだ。
ソラとシュンは互いに捨て子を育てる事とした。
その子に「翔太」と名付け──


──五本指──

ある日ルーカスの元に行方不明だった警察xxxxが現れる。
しかしxxxxはその時狂っていた。
己を精霊だ、と強く信じひたすらにギャングの行動をするようになってしまっていた。
xxxxは己を、エーリヒと名乗った。

エーリヒ、ユアン、ディメント、スライル、マキノ。
この5人が優秀だとクレインは判断した。
そして彼らをギャング五本指、と名付けたのだ。


──継ぎ接ぎ──

ソラはパッチングの召使、ツカイにより「弟を探してほしい」と頼まれる。
弟を探しにパッチングに向かうソラ、弟を発見するものの弟の行方不明は五本指ユアンの罠だった。
ユアンには逃げられるものの、ツカイの弟を発見し、無事に連れて帰った。


──マコト──

五本指のエーリヒは参っていた。
雨の時に出会った女性「マコト」に惚れてしまったからだ。
そして己を人間であると、自己を取り戻す。
警察の協力があり、エーリヒは無事にギャングから足を洗うことが出来た。


──以降執筆中──

 

正義とは、悪とは?

 

 

 

 

 

 

ぶっちゃけシリアスなんて書けないのでいちゃこらしてるソラシュンをお楽しみください。