SKY~ナツユのPFCSブログ~

なんちゅのPFCS用のブログです。かなりフリーダムです。

【えろ】タイラー×プレイ

ヒゲ生えてるごっついおじさん攻めでしかもR15ぐらいとか誰が得するんですかね

「タイラ、さ、」
 急激にされた口づけ、スキンシップ、プレイには何をされるか分かっていた。
 飲まされた水はアンティノメルから輸入された『嗅ぐ媚薬を煎じたもの』。タイラー達はそれをそれだと気づかずに飲んでしまう。
「俺も…男なんだ…すまねぇ…お前が可愛らしすぎて…」
「な、なぜで、すか 僕を、僕をそんな目で? 」
 ――タイラーとプレイは『信頼』のタッグだった。二人でともに行動し、同じ宿に泊まり、それでも一切過ちがおこることはなかった。
 ――実はタイラーは我慢していることを除けば。

「俺も歳だけど、これは、強烈、だな 今度、これ、常備するかな…!? 」
「っ、タイラーさん、僕は自分で処理するので、忘れて…」
「……プレイ、可愛い」
「タイラー、さん…! 」
「プレイ…好き、だ」
「それは、媚薬の力での、偽り、だ」
「いや、実は前から、好き、だ」
 ちゅ、ちゅ、と身体にキスをされる。
「や、やめてください…! 」
「媚薬飲んだんだろ…俺、我慢できねェ…! 」
「それでも、僕は、ホモじゃありません…ホモじゃ…! 」
「……プレイは、今俺が処理してる間に、自分で処理すんのか…? 」
「……!! 」
 プレイもタイラーも限界であった。触れ合いたい、触れ合いたい、髪の毛一本一本ですら感じる。
 もうただ、プレイは成り行きで抱かれるしか無いのかとぼんやり思っていた。
 タイラーはやっと好きな人を抱ける嬉しさで満ちていた。
 欲望を無くすための合意とは言え、プレイはただの相棒に抱かれ、タイラーはただ、恋愛感情を抱いてしまった青年を抱く。
 どこか、うれしいと思ってしまうプレイは自分を呪った。

【BL】ダンソラ

ぶるーとぅーすキーボードの練習。

 ふっと、ソラの前に人物が現れた。
 その人物は、ソラにはとても見覚えのある人物だった。
「……ダンテ」
「……ソラちゃん」
 そう言うと、ダンテは急激にソラに近づき、ソラの唇にキスをした。
「……‼︎ 」
「ソラちゃん」
 そろ、とダンテがソラの服に手をかける。
「やめてくださ……! 」
 ソラが抵抗すると、ダンテは即座に服を脱がすことをやめた。
「……? 」
 ダンテはとても寂しそうな顔をし、ソラの服を元どおりに戻すと、地面に崩れた。
「なんでよ!!なんでソラちゃんはアタシを愛してくれないのよ!! 」
「ダンテ? 」
「なんでなのよ、ソラちゃん!アタシからアナタへの愛は本物なのに!! 」
 ダンテがわんわんと泣き崩れている、ソラはっどうすればいいかわからない。ただ、目の前の人物は敵だ。今すぐこのナイフで刺すことだってできるだろう。なのに、何故だ。一向に刺す気が起きない。
「気づいてよ、アタシだってソラちゃんのこと好きなのよ!なんでなのよ、アタシだってソラちゃんがだいっすきなのよ!……なんでなのよぉおぉ!!」
「……ダンテ」
「アナタはシュンちゃんがいるってアタシを拒絶するの……でも、アタシは、アタシはソラちゃんが好きなの!唯一の好きな人なのよ!300年生きてきて唯一好きになった人なのよぉ!! 」
「ダンテ、俺はシュンが好きです……その気持ちが揺らぐことはありません」
「……もう、いい。もう、いいわよ……アナタは絶対アタシのモノにするんだから……」
 ダンテはさんざん泣きわめくと、ふっと霧になり消えた。ソラから逃げるように。
 ソラはダンテから告白されるのは、初めてだった。
 もう彼氏がいるのに。

レギオンについて報告

 音声カセットに、このような内容が入っていた。

 ――季夏天空です。 レギオン=ラストワードの能力についてある程度分かったので報告に参ります。
 ――ふむ、言ってくれないかな?
 ――レギオン=ラストワードはかなり危険な闇信仰の持ち主です。使い方によっては鬼ですら死んでしまうでしょう。
 その力はまず最初に心臓が苦しくなり、次第に身体全体の力の機能を低下させ動けなくさせる力です。親のうち片方が強い『眠りを妨げる呪詛』のアスラーンだったため、寝るように力尽きることすら許されません。
 レギオンは強い子孫を残すために生まれたとしか思えません。事実、レギオンの幼い記憶には、強いハーフを作るために生まれた、という単語が残っているようです。両親に愛されたという記憶すら無いようです。
 両親に制御のさせ方を教えてもらず、両親はレギオンを野放しにし、それを見かねた村の長が洞窟に閉じ込めたようです。
 
 ――警察の調査で調べたところ、レギオンの両親――拷問家のアスラーンの父オトンヌ・ソロモンと闇信仰にて呪いの儀式をしていた精霊の母プランタン・ソロモンは今は行方不明とのこと。ソロモンの住んでいた場所では、別種族が付き合うなどもってのほかだった様です。
 ――ソロモン。すごいうずうずしさを感じる苗字だね…
 ――そして生まれた子供はアモン=バアル=ソロモンと名付けられました。
 まさか温厚な国・イストワールでここまで差別が強い場所があるとは…連絡を入れたところギルガメシュ王もさすがに予測できなかった模様です。小さな民族なのでしょう。
 アモンは闇信仰と睡眠拷問の二つを抱え、悪魔と罵られ、長に閉じ込められ、両親にも愛されなかった。
 私は可愛そうだと思います。ルーカス様がなんと言おうと、私はレギオンを救いたいのです。
 彼は今アモンという名の悪魔ではありません。
 ――でもね、テンクウ。ぼくは彼は危険だと思うんだ。いつか君は制御できなくなったアモンにころされる。
 ――彼はレギオン=ラストワードです。
 ――テンクウ。ぼくは何が起きても、きみの責任にするよ?それでいいなら、レギオン=ラストワードの監視を続けさせよう。
 ――ありがとうございます。それと、レギオンは監視ではありません。私にとっては家族です。
 ――家族ねぇ。難しいなぁ…彼がいかにして力の制御を出来るか、がコツかな…
 ――頑張ります。ルーカス様。
 
 テープはここで途切れている。

【後半には】お空とやみと【おほも】

後半になるにつれてびーえるってお前ほのぼの描きたいんじゃ

「これが、おはな」
 レギオンは何かを、テンクウに言われて持っていた。それは、小さい白い花。
「そうだよ、これが花。」
 ――テンクウは、ヒーロー団体にレギオンを監視するように言われていた。理由は、レギオンの力がまだ分からず、しかも制御出来ていないからだ。これでも、テンクウはレギオンの監視を快く受けつけた。
「はな、きれい テンクウ、みてみて」
 レギオンはテンクウの前に、花をす、と差し出した。
「いい匂いだねぇ、どんなお花なのかな? 」
「…う?おめめ、みえない?まっくら? 」

 ――テンクウは盲目であった。昔あるハーフのギャングに傷つけられ、視力を失っていたのだ。その代わりに人間としては驚異的な力を手に入れていた。
「テンクウ、おめめ」
「私のことは気にしないで。私のことよりもさ、綺麗なもの、いっぱい見てきて」 
「きれいなもの?」
 レギオンがそうつぶやくと、テンクウの髪の毛をさらり、と撫でた。
「レギオン?私の髪の毛…」
「きれいだから」
 綺麗だからまっくらにしたくない、とテンクウに言った。テンクウははは、と笑い、手入れしているからね。と答えるものの、レギオンの望んだ答えは違うようだった。
「テンクウ、きれいだよ」
 もじ、とレギオンが言う。テンクウは混乱していた。同性に綺麗と言われるなんて。
 今のレギオンがもじもじしていることをテンクウは混乱により感じ取れなかった。どうしてだ?テンクウはただひたすらに混乱している。
「テンクウが、すごいきれい。まちってとこでみた、きらきらよりも、きれい。
ぼく、おかしい。へん」
 テンクウはようやく、レギオンの様子を察した。レギオンは、自分を欲していた。
 ――弟が同性愛者なだけで、テンクウは実際に同性愛者は見たことがなかった。

 テンクウはなんとかレギオンの中の欲望を解放してやろうと行動した。弟を見習って。
 事実、テンクウはレギオンを保護している間に、何かを覚えていた。家族感ではない何かを。
「レギオン、すきなひとにすること、していいかな。おくちとおくちを合わせるんだけど」
「ん?いいよ」
 ――青年と青年の口が触れ合った。そうすると、レギオンはよけい顔を赤くして。
「テンクウ?」
「レギオン…私はもう駄目なようだ」
 
 ここから先はべったーじゃないとなんちゅ書けない

レギオンとテンクウの出会い

レギオン=ラストワードの出会い


 まっくらなへやで、ぼくはただしずかにしていた。
 くさりにつながれて、おとなしくしてなさいっていわれた。
 ぼくがいると、みんなまっくらになっちゃうから、ぼくはとじこめられたってきくけど、なんねんだろう。
 ――おそとにでたとき、ぼくは、さんじゅーねんかんもなぜはっけんされなかったっていわれた。
 ぼくはおそとにでられるのが、うれしかった。
  
「軟禁…? 」
 テンクウはギャングの団体のはぐれに仕事で乗り込んでいたものの、そこで見つけたのは青年だった。
「おにいさん、だれ?」 
 うずうずしい雰囲気、フードの青年。首には首輪、腕には腕輪。おそらく監禁用だろう。だが彼は監禁されている様子が見えない。どちらかというと広い部屋の中を自由に歩ける軟禁をされている。
「そういう君こそ…誰なんだい? 」
 テンクウは慌てて確認する。こんな青年が居るなんて、思ってもいなかった。予想の範囲外だ。
 
 「あるひ、イストワールでわるいちからをもつふたりがけっこんしました。
ぼくは、わるいちからをもつふたりの、こども。」
 とうに、20は超えているであろう青年がへら、と笑いながら言った。
 フードが深く被られていて口しか見えなかったが、声のトーンで明るく言ったのは間違いなかった。
「イストワール…きみ、そこから誘拐されてきたのか!?

 イストワール…それはギルガメシュ王率いる平和な国。人を誘拐し脅すのにはもってこい。
「ゆうかい?ぼく、おそとにでれたんだけどな」
「…?きみ、詳しく説明できるかな?」
 目の前の青年は幼児のように喋り、まるで昔から監禁されていたように喋っている。テンクウは事情を聞くことにした。
 
「ぼく、わるいふたりのはんぶんこ。
精霊はまっくらをしんじてて、妖怪はねれなくするちからでひどいことしてました。
ふたりはしあわせだったけど、ぼくがわるいからとじこめたみたいです。」
「きみが、悪い?」
「うん。ぼくはちからをうまくつかえないで、いろんなひとにわるいことしたの。だからとじこめられたみたい。」
「…出身国は言える?」
「いすとわーるだよ。」
「まさかイストワールでそのような事が起きるとは…
そして君はおそらくその力を見られて誘拐された。
ねぇ君!私が助けてあげるよ!お外を見せてあげるよ」
「おそと!?」
「うん!さ、私の手を取って」
 テンクウは青年とは真逆の位置に手を伸ばし、青年は不思議に思いながら移動し手を取った。
 テンクウは、盲目であった。
 
 「おそと、みどりいろ、はいいろのたかいの、あおいろのそら! 」
 青年は歳と大きな見た目に似合わない大はしゃぎっぷりを見せ、喜びの舞を踊っていた。テンクウには見えない。
「後でヒーロー団体に報告するね。きみ、名前は? 」
「なまえ?ないよ。ぼくはなまえなんてないよ。」
「あー……きみ、どんな力を持ってるのかな」
「やっていいのかな?」
「うん、そうしないとそれっぽい名前は付けられない」
 わかった、と青年が了解すると同時にテンクウは身体に違和感を覚える。なんだか、心臓がドキドキする。息が苦しい。目の前がまっくら…なのは、いつもの事。だが動けない。足が痺れて眠いのに一向に寝れる気配が見えない。
「かはっ…」
 テンクウが息苦しそうにしていると、慌てて青年は能力を解いた。
「ぼく、まっくらのちからなんだ。わるいことするちから。だからとじこめられたみたい。たすけちゃだめだよ。」
「いや、助ける。助けるよ?まさかここまで大きな力を持っているなんて。
そうだな…君の名前はね…」

「レギオン=ラストワード 軍隊っていう意味の名前と、わるいちからを打ち消せるように。」


 ぼくはまっくらからたすかった。テンクウさんがなんだかまぶしかった。ぼくのひかりだ。
 まっくらでわるいちからをもつぼくがたすかっていいのかわからない。けど、ぼくはたすかった。
 これからいっぱいたびしていいよ、っていわれたけど、ここ、どこかわからない。あんてぃのめるって、どこだ。
 テンクウさんについていくことにしたから、これからもっとたのしいんだろう。
 
「レギオン=ラストワード 推定30歳
 イストワールで生まれた闇信仰の精霊と眠れなくさせる拷問の呪詛を持つアスラーンのハーフ。
 強すぎる力が暴走する事から祠に閉じ込められる。そのせいかしゃべり方はとても幼い。
 その力は闇にあやかってか、だんだんと身体の機能を正常にさせなくする力。目の前が暗くなる事から始まるようだ。まるで闇に飲まれるように。この力をコントロールすることはまだ不可能と見た。
 だが私は彼に可能性を見だした。どうか実験としてでもいいから、彼と共に旅をさせてくれないだろうか。
 季夏 天空」

 

f:id:poke-monn:20170726175603j:image

レギオンのカラー。

テンクウさんと旅するキャラの設定とか

f:id:poke-monn:20170725235436j:image

f:id:poke-monn:20170725235932j:image

レギオン=ラストワード

アスラーン&精霊 男 30

 

呪詛と闇の信仰が上手い具合に噛み合いすぎ暴走をよく起こした、村から悪魔と言われた子。

小さな頃からほこらに監禁されており、喋りは小さな子供のようだ。

 

イストワール生まれだがその噂を聞きつけたギャングたちがかっさらう。ちなみにレギオンは「そと?」と誘拐と思ってなかった。

誘拐(軟禁?)後、ソラの兄・テンクウに偶然発見される。家が分からないレギオンはそのまま保護、名前のなかった悪魔はテンクウに「レギオン=ラストワード」の名をもらう。

家がわからないためテンクウに養ってもらってる。

 

信仰は暗闇であり、呪詛は眠れなくさせる呪詛。

 

「ぼくは、名前ないよ。」

「てんくうさんに、ラストワードって名前貰ったんだよ。」

「まっくらが、悪い人のめのまえ、まっくらにさせるんだ。」

「ぼくはてんくうさん守るから。」

 

 

テンクウさん、アイザックさんの活躍するサイドストーリーに入れようと思ってます。

深夜の更新すいませんでした深夜に思いついたので。

遠い未来に書くかもしれない話

 
 
いつかこういう大掛かりな本編書きたいよね
いつかなので現時点ではifと言うことで
 

 

「クレイン=スミス、クラリネッタ=スミスをはじめとするギャングの手によりギャングの麻薬が他国に侵入し始めたという事を、ギルガメシュ王、スコーン皇帝により聞いた。」

  ぺら、と何かが書かれた紙を持っているルーカス。呼び出されたのはソラ、シュン、その他ヒーロー達。

「これはいけない。皆、各自それぞれで対象の国へ向かってくれ。よりによって二つの国も、かなり麻薬が出回るには危険な国だ」

  優しい鬼として有名なルーカスがいつになく真剣な表情で語りかける。ここまで真剣ということはそれほど危険な事である。

 

 

  スミス兄弟はへらへらっとした普段の姿に似合わずギャングの戦闘能力は最高峰。あのダンテですら追いつかないほど戦闘能力は高い。

  その彼らがまさか他国へと侵入しているとは。

  ルーカスは直ぐに各国へと「手紙」を書いた…そう、スコーン皇帝率いるパッチングと、ギルガメシュ王率いるイストワールは文明があまり発達していないのであった。

 

 

「はぁ、これは危ない薬だな」

  鬼のようにがっしりとしていて、赤い耳飾りの民族調の服を着た精霊が、金髪の青年に語りかける。

「なんでこんなもんが路地裏で流行ってんだ? 」

「タイラーさん、これは危険ですね、直ぐに原因を突き止めないと」

「そうだな、プレイ! 」

  「タイラー」と言われた中年と、「プレイ」と呼ばれた青年は歩き、たまたま船着場の近くへとたどり着く。

「ん? 」

  タイラーは船着場にて倒れている人間を発見した。その人間は手紙を握りしめ倒れていたのであった。ただうめき声が聞こえる、幽霊が、バケモンがと。

「こりゃー重症だな…」

  タイラーが人間に話しかけると、人間はハッとして話しかけた。

「スコーン皇帝、ヴァンツ殿。お届けものであります…」

「ん? 」

  どうやら人間は彼らをほかの人と間違えてるようだが、スコーン皇帝にヴァンツ(ヴォエジル)となると荷物を届けられるのはひと握りである。

  仕方なく、二人は相談して二人を代行して手紙を受け取り、内容を見てアンティノメルへ行けばいいと悟る。

 

「キッド、なんでこの国にこんなものが…」

  王座に座った少年が、顔を歪めて話しかける。

「王、オレ麻薬取引ぶっ潰す。」

  その横にいる、キッドと呼ばれた青髪の青年が語りかけた。

「王、届け物。アンティノメル、代表の手紙。」

「ん、お手紙?」

  その内容を見て、何が起きたかマシューは理解した。難しい漢字は周りの召使に読んでもらった。

「そうだね、あまりにも危険じゃないかな?キッド、こればかりはね、一緒に行こう。」

「王?」

 
「出かけるよ。ギルガメシュ王とその使者エンキドゥはアンティノメルへと行ってくる。」
 
 
 
ここまで書いといて何なんだけどいつか書きたい。ちょっとプロット練ってくる。
予定ではソラ&パッチングチームがクラリネッタを シュン&イストワールチームがクレインを倒す感じ