SKY~なんちゅのPFCSブログ~

なんちゅのPFCS用のブログです。かなりフリーダムです。

第二回PFCS脳内アニメスクショ大会

今回は描いた順ではなく、物語の時系列になりそうなものを選んで配置してみました…

と言っても、架空時系列ですし、毎回時系列がバラバラですけどね。

紹介用のダイジェスト・プロト版だと思ってくれると助かります。

 

 

 

警察国家アンティノメル。そこはヒーローという警察制度が存在していた。

ヒーローは警察の助けをする団体で、ギャングの取締などを主に行っている。

 

若いが立派なヒーローで、トップに居る少年がいた。

 

f:id:poke-monn:20170406170500j:plain

 

颯爽と敵を切り、「命令を実行した」とつぶやく少年。

 

f:id:poke-monn:20170406165812j:plain

彼は季夏 空(きなつ そら)という名前で、皆からはソラと呼ばれている。

ソラはナイフの達人で次々とギャングを取締めたのだがソラにはある弱点があった。

 

感情をほぼ自ら封印してしまったことだ。

 

f:id:poke-monn:20170406170131j:plain

アンティノメルのヴィランであるダンテには何度も指摘された。

「アナタが好きで自分自身を殺したんじゃないの?」と。

ソラの脳内に葛藤が生まれる。

 

 

場面はソラの同僚に移った。

 

f:id:poke-monn:20170406170123j:plain

明矢 旬(あくや しゅん)と呼ばれるサターニアの青年。

シュンは何度も喧嘩を繰り返したりする調子者だが、立派なヒーローである。

 

f:id:poke-monn:20170406170613j:plain

彼の呪詛は「人の足元をすくう呪詛」。

地味だが、地味故に応用がとても効く呪詛である。

 

f:id:poke-monn:20170406170654p:plain

ただ彼の背負っているものは大きい。ずっと人に嫌われたくなく、ピエロを演じている。

周りがああなのだ。シュンがただ笑ってピエロを演じていれば救われると信じている。

いつもヘラヘラ笑っていれば救われると信じているのだ。

 

 

そして国の代表・ルーカスへ移る。

 

f:id:poke-monn:20170406171243p:plain

優しすぎる鬼として有名なルーカス。

だがしかしルーカスには裏がある、いや、ルーカスが裏なのだ。

 

f:id:poke-monn:20170406171344p:plain

ルーカスの背負う病は「解離性同一性障害」。多重人格である。

ルーカスはその副人格にして身体の主導権を持っている。

 

f:id:poke-monn:20170406171449j:plain

何度消えようと思ったか。だがしかし代表なので辞退できないもどかしさが残る。

ルーカスは苦しんでいた。

 

 

 

アンティノメル国は、悩みを抱えた三人の青年による葛藤が主の物語である。

ルーカスが人格を落ち着かせ、ソラが少しずつ感情を取り戻していき、シュンがマスコット役から抜け出す物語。

 

そしてもう一つ大事なことがあった。

f:id:poke-monn:20170406171754j:plain

主人公であるソラは、同性愛者であることだ。

 

 

 

 

 

一応これで3/14~4/6の17時までに描いたアンティノメル限定でのアニメスクショはほぼ全部ですね。

ちなみにifを想定したので使えなかったシーンも一つ。

f:id:poke-monn:20170406171915j:plain

ソラの闇堕ちイメージなので使うスキがありませんでしたよ…

 

 

今回はバラバラのつなぎ合わせだったので、次回以降はひとつの物語をイメージして作りたいですな…

 

一応物語のイメージとしては、まずは軽い目標として「ギャングの取締」をやろうかと。

今のところいるはっきりとしたたちの悪いギャングは玉潰れウミウシプレイことクレイン=スミスだけなのでアニメスクショ用に増やすのも有りかも。

一応全部つなぎ合わせると30分枠じゃ収まらない…30分枠をイメージして一日一枚描きたい…。

 

あーでも縛られないで描くほうが好きなんだよね―、そのほうが良いか、うん。企画主の気まぐれ。