SKY~なんちゅのPFCSブログ~

なんちゅのPFCS用のブログです。かなりフリーダムです。

ルーカス=マーティンの目覚め

3月8日のこと

 

「ここは…どこだ?」

「ぼく」は、とりあえずとぼけてみた。
さっき確か、刺されて。うまく、おもいだせないな。
ぼくは名前が無い…記憶喪失とやらではなかった。でもほんとうに名前がない。

記憶を遡る。
たしかぼくは殺人鬼だ。
たしかぼくはほかの殺人鬼に刺された。
とても痛くてショックを受けた。
ぼくは…ぼく?
あれ、ぼくの一人称って「俺」じゃなかったっけ?

とりあえずぼくの名前が判明した。
「ジル・ド・レ」という名前らしい…
ああ、何だかぼくの名前じゃない気がする。
ジル・ド・レというのはぼくの名前じゃない気がする…

ぼくは殺人鬼だから、とりあえず別名を名乗って乗り切らないと、と思った。

「ルーカス=マーティン」

この名をぼくの名前にしようと思った。単に語呂が良いからだ。
それと昔読んだ小説の人物から名前をとったな。
しかしなぜ、ぼくは「名前があるのに名前が無い」?


ぼくはひたすら記憶をたどる。
殺人鬼ジルとして生きていた時、他の殺人鬼に刺されたんだった。
そして、ぼくは死にそうになり…死にそうに?ぼくは鬼なんだけどな。まあいいか。
そして息苦しくなり、これは「俺」じゃないと強く念じて…
「俺」って?「俺」ってジル・ド・レのこと?
…ああ、分かった。

ぼくは死にそうになったショックで、人格が…

ぼくはとりあえず治安の悪い街でジルのフリ…彼のことはよく分かんないけど。をしながらワックス、眼帯を用意した。
もとから視力悪かったからね。変装としてもよく効くだろう。
ワックスで髪の毛を固め、眼帯で左目を隠す。
…よし、とりあえずぼくがジルという事は分かりにくくなったろう。
名前を「ルーカス」に変えたぼくは、何をするか考えていた。


…罪の償いとして、警察をしよう。
だがぼくがジルとバレたらすべて終わりな気がする…

いいや。もしバレた時はぼくの償いだ。
ぼくはもうジルじゃない、ルーカスだ。
警察官ルーカスだ。
警察の名前は…安置だけどヒーロー団体にしよう。
そしてこのギャングだらけの大陸を少しでも、良くしよう。
普通じゃないこの大陸を、アンティノメルと名付けた。ぼくも普通じゃないけどね。


…そしてぼくは13年間ジルが目覚めないまま…「ルーカス」として過ごした。
「ソラ」「シュン」という頼もしい部下。
「ダンテ」という恐ろしい敵。
全てが出てきてもぼくは順調に過ごした
筈だった。

ある日の事だった。ぼくは眠たくて寝ていたんだ。
そして起きてみた…起きてみたら、
ジル・ド・レが目覚めていた。

ジル・ド・レの目覚め に続く…

ジル・ド・レの目覚め - SKY~なんちゅのPFCSブログ~