SKY~ナツユのPFCSブログ~

なんちゅのPFCS用のブログです。かなりフリーダムです。

レギオンとテンクウの出会い

レギオン=ラストワードの出会い


 まっくらなへやで、ぼくはただしずかにしていた。
 くさりにつながれて、おとなしくしてなさいっていわれた。
 ぼくがいると、みんなまっくらになっちゃうから、ぼくはとじこめられたってきくけど、なんねんだろう。
 ――おそとにでたとき、ぼくは、さんじゅーねんかんもなぜはっけんされなかったっていわれた。
 ぼくはおそとにでられるのが、うれしかった。
  
「軟禁…? 」
 テンクウはギャングの団体のはぐれに仕事で乗り込んでいたものの、そこで見つけたのは青年だった。
「おにいさん、だれ?」 
 うずうずしい雰囲気、フードの青年。首には首輪、腕には腕輪。おそらく監禁用だろう。だが彼は監禁されている様子が見えない。どちらかというと広い部屋の中を自由に歩ける軟禁をされている。
「そういう君こそ…誰なんだい? 」
 テンクウは慌てて確認する。こんな青年が居るなんて、思ってもいなかった。予想の範囲外だ。
 
 「あるひ、イストワールでわるいちからをもつふたりがけっこんしました。
ぼくは、わるいちからをもつふたりの、こども。」
 とうに、20は超えているであろう青年がへら、と笑いながら言った。
 フードが深く被られていて口しか見えなかったが、声のトーンで明るく言ったのは間違いなかった。
「イストワール…きみ、そこから誘拐されてきたのか!?

 イストワール…それはギルガメシュ王率いる平和な国。人を誘拐し脅すのにはもってこい。
「ゆうかい?ぼく、おそとにでれたんだけどな」
「…?きみ、詳しく説明できるかな?」
 目の前の青年は幼児のように喋り、まるで昔から監禁されていたように喋っている。テンクウは事情を聞くことにした。
 
「ぼく、わるいふたりのはんぶんこ。
精霊はまっくらをしんじてて、妖怪はねれなくするちからでひどいことしてました。
ふたりはしあわせだったけど、ぼくがわるいからとじこめたみたいです。」
「きみが、悪い?」
「うん。ぼくはちからをうまくつかえないで、いろんなひとにわるいことしたの。だからとじこめられたみたい。」
「…出身国は言える?」
「いすとわーるだよ。」
「まさかイストワールでそのような事が起きるとは…
そして君はおそらくその力を見られて誘拐された。
ねぇ君!私が助けてあげるよ!お外を見せてあげるよ」
「おそと!?」
「うん!さ、私の手を取って」
 テンクウは青年とは真逆の位置に手を伸ばし、青年は不思議に思いながら移動し手を取った。
 テンクウは、盲目であった。
 
 「おそと、みどりいろ、はいいろのたかいの、あおいろのそら! 」
 青年は歳と大きな見た目に似合わない大はしゃぎっぷりを見せ、喜びの舞を踊っていた。テンクウには見えない。
「後でヒーロー団体に報告するね。きみ、名前は? 」
「なまえ?ないよ。ぼくはなまえなんてないよ。」
「あー……きみ、どんな力を持ってるのかな」
「やっていいのかな?」
「うん、そうしないとそれっぽい名前は付けられない」
 わかった、と青年が了解すると同時にテンクウは身体に違和感を覚える。なんだか、心臓がドキドキする。息が苦しい。目の前がまっくら…なのは、いつもの事。だが動けない。足が痺れて眠いのに一向に寝れる気配が見えない。
「かはっ…」
 テンクウが息苦しそうにしていると、慌てて青年は能力を解いた。
「ぼく、まっくらのちからなんだ。わるいことするちから。だからとじこめられたみたい。たすけちゃだめだよ。」
「いや、助ける。助けるよ?まさかここまで大きな力を持っているなんて。
そうだな…君の名前はね…」

「レギオン=ラストワード 軍隊っていう意味の名前と、わるいちからを打ち消せるように。」


 ぼくはまっくらからたすかった。テンクウさんがなんだかまぶしかった。ぼくのひかりだ。
 まっくらでわるいちからをもつぼくがたすかっていいのかわからない。けど、ぼくはたすかった。
 これからいっぱいたびしていいよ、っていわれたけど、ここ、どこかわからない。あんてぃのめるって、どこだ。
 テンクウさんについていくことにしたから、これからもっとたのしいんだろう。
 
「レギオン=ラストワード 推定30歳
 イストワールで生まれた闇信仰の精霊と眠れなくさせる拷問の呪詛を持つアスラーンのハーフ。
 強すぎる力が暴走する事から祠に閉じ込められる。そのせいかしゃべり方はとても幼い。
 その力は闇にあやかってか、だんだんと身体の機能を正常にさせなくする力。目の前が暗くなる事から始まるようだ。まるで闇に飲まれるように。この力をコントロールすることはまだ不可能と見た。
 だが私は彼に可能性を見だした。どうか実験としてでもいいから、彼と共に旅をさせてくれないだろうか。
 季夏 天空」

 

f:id:poke-monn:20170726175603j:image

レギオンのカラー。