SKY~ナツユのPFCSブログ~

なんちゅのPFCS用のブログです。かなりフリーダムです。

円卓な感じのキャラが集まるだけ

マイナーの中のマイナーぶっ込んでくる上に新キャラ投入の記事
今回の記事の主役はドマイナーなので事実上三人新キャラ投入ということで

一応前に描いたキャラシ

f:id:poke-monn:20170829191641j:image

f:id:poke-monn:20170829191645j:image


 夏も終わりを迎えようとする頃。
 夕焼けが西に沈んでいき、やっと涼しさが訪れる。もっとも蒸し暑いから冷房と呼ばれる機械を使うのだが。

 アンティノメル市場の八百屋「朝竜屋」。
 オーナーである朝竜の作った野菜や、各国から輸入した珍しい野菜などを取り扱っている。
 朝竜は鬼と精霊のメターであり、娘のモーガンも鬼と精霊のメターである(モーガンは精鬼と精鬼のクォーターである)。
 今日も朝竜はモーガンと共に店じまいをしようとした時だった。
「探したぞ、アーサー」
 ガッ、と朝竜の目の前に斧が下ろされる。
 ガラハッドと声をかけた男は妖怪サターニア、朝竜はどこかで見たことがある顔だと思いつつ記憶をたどった。
 三つ編みでサターニア、あれ、いつ会ったっけ、確か奥さんと出会った孤児院の…
「モードレッドくん…?」

 ──朝竜は奥さんとはイストワール旅行中に出会った。
 その奥さんとは会う度に仲良くなり遠距離恋愛
 そして結婚する時、孤児院の少女だと分かった。
 それを知った朝竜は孤児院の少女と結婚、後に子供を授かる。その子供がモーガンだ。奥さんは今は他国で野菜を集めている。
 そしてモードレッドはまだ幼い頃、7歳ぐらいだろうか、モードレッドは朝竜の奥さんとなる女性に恋をしていた。
 僕が大きくなった時に結婚しようと約束したのは朝竜の奥さんだった。
 そしてモードレッドは朝竜が少女を引き取る時に酷く嫉妬した。
 モードレッドは決めた。アンティノメルに復讐すると。アンティノメル市場の朝竜に復讐すると。
 少女は朝竜の事をアーサーと呼んでいた。アーサーを探しモードレッドは15の今にアンティノメルへとやって来てギャングとなったのだ。
 
 朝竜と少女の間に生まれた娘は生意気だがカワイイ子だった。
 ただ少々、男友達が多いせいか男っぽくなったのだが、それは個性として育てていった。
 その現八歳娘の名はモーガンモーガンなのだ。
 だが本名が存在する、モーガンはこの名を嫌っている。
 
「アーサー!僕の奥さんを取りやがって」
「何のことだいモードレッドくん!」
 お構い無しにモードレッドは斧を振り回しガンガンと地面を破壊していく。
 遠くに見えた白髪の男がほくそ笑むのを見て、隠れていたモーガンは白髪の男へと近づいた。
「兄ちゃん、あの男を止めてくれよぉ!」
「ボクはそこまで優しくないけど、ガラハッド」
「! オレはガラハッドという名前を気に入ってねぇ」
 モーガンはひたすらに白髪の男を握りこぶしで叩くが男には効いていない。
「ボクの名前を教えなきゃねガラハッド! ボクはランスロット。ランスとでも呼んでねガラちゃん。イストワールを滅ぼす者さ、はは」
 ランスロットは高笑いするとモードレッドに命令を下した。「アーサーを倒せ」!
 だがその時である。
 
 突如大雨が降り始めた。
 モードレッドは斧使い、斧を使うには力が必要であり雨の中では力を出しづらい。地面が滑り、土がぬかんで、雨で体力が奪われていくからだ。
「命貰いしたなアーサー」
 モードレッドは後ろを振り向いた。その場所にはモーガン…ガラハッドが居る。
 「ガラハッド」
 ガラハッドは身構える。なにかされるのではないか。
 「お前はあの人によく似ているからいつか奥さんにしてあげるよ」
 そう言うとモードレッドは去っていった。
 なんだったんだ。ガラハッドはひたすらに考察していく。何があったのかと。
 朝竜はガラハッドに向かい、すまんなガラ、と話しかけた。
 
 誰も知るよしのない小さな争いが起こっていく……
 ガラハッドも誰も今後を予想出来なかった。 
 
 
 
 
昨日気づいたけど、ガラハッドってランスロットの娘だよね
と言うことでつじつま合わせるために孤児の娘という設定与えて
モードレッドは孤児院の少年にしましたとさ…

 

モードレッド(ドレッド)

f:id:poke-monn:20170829191736p:image

サターニア 男 15