SKY~ナツユのPFCSブログ~

なんちゅのPFCS用のブログです。かなりフリーダムです。

CLAUS

「今から会わせたい人がいるんだ。それは……十三年間時の止まった君には老けて見えるかもしれない」
 ルーカスが少しよそよそしくジルに脳内で話しかける。ここまでよそよそしい態度をルーカスが取るとは……まさか時が止まるまでにいろいろやってしまったのか。ジルは少し恐怖を覚えながら足を(ルーカスが勝手に)動かした。

「……?」
「……あっ……そのポニテ!」
「……ルーカス様?どうかしましたか?俺はいつも通りですが?」
「まさか、クラウス!?」
「……ジル……?」
「ひっさしぶりだなぁ!!おい!!十三年間俺が何も連絡してこなくって寂しかったろ!!」
「ジル……また話せるとは思ってもなかったよ。」
 再開し、互いが互いを抱きしめる。
 ──この男は『ジル・ド・レ』の親友クラウス=ヘルメース。
 『ジルがルーカスになってから』世話になった男であり『ルーカスの名付け親』だ──

 

f:id:poke-monn:20171026204643p:plain

「俺はクラウス=ヘルメース 精霊 男 加護は氷の加護だ

ジルとは十三年近くの友でな……あいつがジルからルーカスになった時は俺が世話にされたよ

ルーカスの名前は俺がつけた。」